自分で生きる喜びを伝えたい。日本で、そして世界で。自分力開発研究所

ISPの概要

“自分力”をもった子どもを育てたい

現代の子どもたちは、人口減少、少子高齢化、過疎化、就職難、グローバル化といった社会問題がうずまく中、たくましく生きていかなければならない存在です。子どもが自分らしく輝き、幸せな人生を歩んで行くためには、特定の価値観のみが重要視されがちな現代の競争社会の中にあっても目標を見失わず、堂々と自らの道を歩む一方、他人の個性や生き方をも許容するだけの広い度量を育んでいく事ではないかと考えています。
そのためには、今までの教育の在り方のように不得意なところを伸ばし平均的な総合力を求めていくのではなく、子どもの得意なところをさらに伸ばし、自信を付けさせ積極的にチャレンジできる人間、つまり自分力をもった人間を育てていきたいと考え、この研究所を立ち上げました。
 こうしたことから、激しい変化の時代にも自分力で柔軟に対応し、他者と調和しながら、のびのびと「自分を生きる」人を育てることで、21世紀の社会に貢献していきたいと考えています。